外国

日本酒と相性がいい果物について

日本酒を飲むにあたって、果物と一緒に飲むということが少ないかもしれません。
しかし、果物にはビタミンなどが多く含まれており、同じビタミンやアミノ酸、ミネラルなどといった栄養を豊富に含んでいる日本酒と一緒に摂ることは好ましいとされています。

日本酒には大吟醸や純米などがありますが、それによっても相性がいいとされるものがあるようです。
その一部をご紹介いたします。
まずレモンとバナナ、梨、メロン、桃は大吟醸と相性がいいとされており、食べ合わせやすいようです。
その他には、レモン、桃、小豆は純米と相性が良く、一緒に摂取すると美味しく食べられるようです。
また、日本酒以外にワインなどでも相性がいい、悪いとされるものがあるので、ワインなども好んで飲まれる方は、フルーツを一緒に食べる際も注意しましょう。

また、古酒は基本的に果物との相性があまり良くないようですので、古酒は一緒に飲まないようにしましょう。
これ以外にも人によっては相性がいい、悪いがあると思います。
果物と合うはずがないと思い込まずに、何事もチャレンジしてみることが大切です。
健康志向が流行っている昨今ですので、試してみる価値はあるのではないでしょうか。


このページの先頭へ