外国

日本酒に含まれる成分について

日本酒などのお酒と言えば、血行を良くしてくれるという利点がありますが、その他では栄養素というと、ぴんとこない方が多くいらっしゃると思います。
日本酒と言えば、どんな成分が含まれているのでしょうか。

実は、日本酒には体にいい成分が盛りだくさんなのです。
まず、お米が使用されていますので、米糠が含まれています。
女性ならばご存知でしょうが、米糠は肌にとても良く、メラニンを取り除いてくれるので美白効果を得ることが出来ます。

また、アミノ酸が豊富に含まれており、栄養素が多く含まれていると言われているワインの10-20倍もの量が入っています。
また、ビタミンやミネラルも多く含まれているため、人間が生きていくために必要な栄養素が揃っていると言ってもいいでしょう。
米麹が含まれているので、体に優しい成分で出来ています。

また、ペプチドと言われる成分も含まれており、これは肝臓にもいいため、お酒を飲んで壊れやすい肝臓を守ってくれる効果もあります。
生活習慣病への対策としても優秀で、がんやうつ病、動脈硬化などと言ったものにも有効です。
これは日本酒の成分にある血栓を溶かす作用が関係しており、これによって、留まってしまうどろどろの血液が正常に流れ、悪いものを早く体外へと出してくれるのです。


このページの先頭へ