外国

日本酒は色が白い理由

日本酒と言えば、無色透明なものを思い浮かべると思いますが、実は出来上がったばかりの日本酒には透明なものはありません。
これは発酵した際につく色で、色が薄いほど味が繊細であるとされています。
しかし、無色透明になるということは基本的にありません。
無色透明になっているものは、活性炭と呼ばれるものを使用して色抜きが行われているものになります。

基本的には山吹色になって出来ることが多く、この色が薄いと味は繊細です。
逆に濃いと雑味が多いとされてあまり好ましくないようです。
また、時間がたつにつれて色がついてくるものなので、古酒と呼ばれる、時間が経って色が変わってきたものも、だんだんと色が濃くなってきます。

中には白色したものがありますが、これは麹菌にや乳酸菌によって色が変わり白くなっているものです。
稀に沈殿している場合がありますが、こういったものも保存状態に問題がなければ飲むうえで特に問題はないそうなので、安心して飲むことが出来ます

最近では可愛らしくピンク色したものなどもあり、色が付けられているものが出回っています。
味だけでなく色味でも楽しませることのできる日本酒は、まさに日本の四季のように見る人を楽しませてくれますね。


このページの先頭へ