外国

日本酒が湯割りされるわけ

お湯割りをすると言えば、果実酒や焼酎といったイメージが強いと思いますが、実は日本酒でもお湯割りにして飲むという方がいます。
熱燗ならば良く聞きますが、日本酒のお湯割りというのは、なかなか聞きませんね。

日本酒のお湯割りというのは実際に飲むと通常よりもやはり薄くなるようです。
しかし、お湯で割ったことによって風味が増して、香りなどの部分で楽しむことが出来ます。
コツとしては、ぬるめにして割るのがいいそうで、熱すぎると香りが強すぎてしまいます。

また、日本酒は度数によって身体が暖まりますが、お湯割りにすることによって、更に身体を温めてくれるようです。
冷え症の方にはありがたいですよね。
また、日本酒などのお酒が強すぎて苦手だという方でも、お湯割りならば飲みやすいということで、人気があるようです。

他にも、日本酒はカクテルなどにして飲まれるという方法もあります。
中には緑茶やカフェオレ、牛乳などで割るという方もいるので驚きですね。
しかし、どれと割っても栄養素的に相性が良く、飲みやすくなるというので人気が出てきているものです。
日本酒をいきなりそのまま飲むのは敷居が高い…という方は、一度何かで割って飲むのを試してみてはどうでしょうか。


このページの先頭へ